人気ブログランキング |

成功の散歩道 YA by Yoshinori Akazawa

ネクタイ

今日は京都市内と大阪を往復する一日だった。
春めいたあたたかい一日。
京都市役所前でフリーマーケットがあって、写真の現像をしている合間にひととおりみてまわった。
ズボンがくたびれてきたのでそれをさがしていたがなかなか思うようにはみつからなかった。セーターもほしいなとおもいつつ、日差しが暑いとセーターを買う気は起こらなかった。
つかれたな、とおもって 無造作に路面おかれたネクタイにふと目がいった。
プリントモノじゃなくしっかりとしたネクタイ。ラベルを見るとエメラルドゼニア。それもイタリア製のタグ。いくらですか?と年配の男の売主にたずねると100円。といわれた。
ほかにもいろんなブランド品があった。ブランド以外にも花のキャラクターが濃い青地にちりばめてあるパターンプリントにめがいっていくつか買ってしまった。
ネクタイは比較的高い物を買うようにしている。なぜならスーツよりも重要なものだと思っている。しかし今日は安いから買ったのか暑いからほしくなったのか不思議な一日だった。
お金のことで今は少し苦労しているが、年をとったときにこんな風にネクタイを売るのはどういう心境になったときだろう?と考えてみると、ネクタイのデザインからして、確かに30代から40代ぐらいの年代でしか使えない代物のような気がした。
ネクタイを買うといってもせいぜい10年先のことしか考えて買い物をしたことがなかったがもっと先の年代でも通用するようなネクタイを見極める目のようなものを持ちたいなと今日はひそやかに思っている。
明日にでもネクタイをつけてみたいなと思っている。
by surfstar2021 | 2004-03-14 21:41 | 芸術家日記