成功の散歩道 YA by Yoshinori Akazawa

友人の成長を喜ぶ心に感謝する

a0006808_22302.jpg
 学生時代の友人に電話をした。目的は 京都国立博物館で行われる展覧会の割引券とパンフレットを大量にいただいたので それを配ること。奈良県で美術研究所をしている友人に大量に配ってもらうことにした。美術系大学の予備校の経営ではなかなか収入にはならない。同年代のサラリーマンなら何百万という年収も月に10万幾回かないかの収入で何人もの青年を大学に合格させていく 極めて地味な仕事をしている。友人の話では旧友が 伊丹で美術研究所をひらいているとのこと。
さっそくその友人にも連絡をとって、同じように割引券とチラシを送ることにした。

芸術を志すものでありながらわずかな収入で満足していてはいけないだろう。しかし豊かな志をもつ友人が少しでもいることは何よりも豊かなことであると思える今の自分の心に感謝したい。

着実に多くの人の心を豊かにしていける人間を育てさせていただけることが人間として至福の瞬間なのかもしれない。将来、皆 それに見合った豊かな収入が得られますように祈る。
by surfstar2021 | 2004-03-25 22:31 | 芸術家日記